契約トラブル

Pocket

脱毛サロンを決めて契約をするとき、あるいはした後に様々なトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。
こうしたときにためになる話をします。
例えば25万円でワキ脱毛を契約したあとに、他の脱毛サロンで3万円で契約できるという話を知ったとします。
そこですぐに25万円で契約した脱毛サロンに契約の解除を申し出て、新たに3万円で契約をしようとしたとします。
これが契約してから8日以内であればクーリング・オフできるため全く問題がありません。
契約したお店かその本社へ連絡をして解約手続きをしてください。
しかし8日が過ぎていた場合には、契約したお店の本社の方へ連絡を入れて事情を説明するようにしてください。
クーリング・オフの期間が過ぎてしまっているため、お金が全額戻ってくることはありませんが、一部は戻ってきます。
契約書の控えを確認してみてください。
返金額計算方法の記載があると思います。
このとき脱毛サロン側が、お客さんからの解約の申し出を断るとか止めるという行為は特定商取引法違反となるためできません。
もしも断られてしまったら、消費者センターなどへ相談するようにしてください。
しかしこのとき1度考えてみてほしいのは、その2つの脱毛サロンで行われているサービスが同じかどうかということです。
使用している機器や化粧品、脱毛効果などに当然料金相当の違いがあるのではないでしょうか。
脱毛サロンによっては脱毛だけではなく、肌の血行促進を促すような施術がセットになっていたり、コスメが試せたりいろんなサービスが付いています。
こういった点も考慮に入れて、自分に合った脱毛サロンかどうかを判断するようにしてください。

コメントは受け付けていません。