自己処理のリスク

Pocket

脱毛エステを受ける前に注意しなければいけないことがあります。
それは脱毛を自己処理するにはリスクを伴うということです。
特に毛抜きで抜いたり、除毛剤を使ったりしたときにかゆみなど皮膚のトラブルを感じた人は注意しなければいけません。
毛抜きで抜くと、肌の中に抜き損じてしまった毛が残ってしまいそのまま埋もれてしまったり、毛穴の周りが盛り上がってブツブツができたり、色素沈着したりする原因となる場合があります。
かみそりで剃ると、むだ毛だけではなく一緒に肌の表面を削り取ってしまうので肌荒れや炎症が起きてしまう可能性があります。
特に敏感肌の人は要注意です。
除毛剤を使うと、使用する除毛剤によっては毛を溶かすだけではなく肌の表面にもダメージを与えてしまい炎症やかぶれが起きてしまう可能性があります。
こういったトラブルを抱えた状態で脱毛サロンに通うと、皮膚ダメージが蓄積されていって取り返しがつかなくなります。
気軽にできる自己処理ですが、自分で脱毛をするには大きなリスクがあるということを知っておいてください。
むだ毛処理には毛の周期を知ることも大切です。
毛が成長し始めたときから成長する段階で処理をするのが一番です。
退行期や休止期には行わず再び成長期になったときに脱毛処理することが肝心です。
最近は格安料金で施術してくれる脱毛サロンも多くなっています。
きちんと情報収集して脱毛サロンか自己処理かどちらがいいか選択してトラブルを受けることなく脱毛を成功させましょう。

コメントは受け付けていません。